性行為感染症(性病関連) | いちおか泌尿器科クリニック - 京都市中京区 烏丸御池駅近くの泌尿器科

ホーム > 診療案内 > 性行為感染症(性病関連)

性行為感染症(性病関連)

性病、性行為感染症

性行為でうつる病気のことを性病、性行為感染症といいます。

「自覚症状がないから自分は大丈夫」と思っている方が多いのですが、必ずしも自覚症状が出るとは限りません。むしろ多くの方が知らないうちにかかっています。だからこそ、うつしたりうつされたりしてどんどん広がっていくのですね。

クラミジア尿道炎

一番頻度の高い性病、性行為感染症です。男性も女性も、自覚症状がないことが多く、知らないうちにかかっていることもあります。当院で行った調査では、自覚症状のない男性の1%以上からクラミジアが検出されました。

男性では精子の通り道に好んで感染し、無精子症の原因にもなります。女性の場合も卵子の通り道を閉塞させて、不妊症の原因にもなります。喉にクラミジアが感染していることも多く、当院では喉の検査もできる体制を整えています。

内服薬で治療をしますが、1回目の内服薬では完治できないことが、10~20%程度で起こると分かっています。「薬を飲めば大丈夫」「自覚症状がなくなったから大丈夫」と中途半端に治療を自己中断する人がいますが、大事な人にうつしてしまって後にトラブルになることがありますので、キッチリと治してしまうことが大切です。

淋菌性尿道炎(淋病)

性風俗店などでよく流行っています。痛みや膿など、自覚症状が強く出ることが多いので、すぐに来院される方がほとんどですが、まれにしばらく放置しているような方もいて、かなり重症になります。早めの受診をお勧めします。

化膿する力は強いのですが、性行為以外ではうつらないとされています。近年では抗生剤に対する耐性が強くなっており、内服薬で治療をすることはできなくなりました。注射薬で治療をしますが、この有効性は高いです。

クラミジア同様、喉に淋菌が感染することもあります。なかなか治らない咽頭炎で心当たりがある方は、検査をお勧めしています。当院では喉の検査もできる体制を整えています。

尖圭コンジローマ

陰部にできるイボです。トゲトゲ型、カリフラワー型、ベルベット型、ほくろ型など、形態はいろいろですが、うつりやすく増えやすい特徴を持っています。治療によりいったん治ったかに見えても、すぐにまた出現してくる(再発)ことも多く、やっかいなイボです。

塗り薬による治療もあるのですが、正常部分に付着するとひどくかぶれることが多いこと、効果が全くないことが50%ぐらいあること、比較的高額であることなどから、当院ではあまり積極的にはお勧めしておりません。

液体窒素による切除療法が一般的ですが再発率が高いので、当院では電気メスによる切除療法を行っています。意外に痛くないので当日からお風呂も入って頂けます。

梅毒

最近、急激に増加しています。かつては死に至る病として恐れられていましたが、現在ではしっかりと最後まで治療をすれば完全に治癒する病気です。

最初に性器にえぐれたような傷ができることが多いのですが、意外と痛くないことが特徴です。しばらくすると傷は消えてしまうことが多く、治ったと勘違いして病気が進行してしまうこともあります。

血液検査にて診断して内服薬で治療をしますが、完全に治すためには比較的長期に内服を続けなければなりません。油断なく最後まで治療することが大切です。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン