男性更年期外来(ED・LOH症候群)

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 男性更年期外来(ED・LOH症候群)

男性更年期障害について

更年期障害というと女性特有と思われがちですが、実は男性にも起こりえる病気です。

 「なんとなく不調・元気が出ない」「突然ほてったり、汗が出たりする」「性欲が減った」などの症状が特徴とされています。
 男性ホルモン(テストステロン)は、一般的に中年以降、加齢とともに穏やかに減少しますが、実際に体内で活躍する(活性型)男性ホルモンは急に下がっていくと言われています。

したがって女性と異なり、男性の更年期症状は、40歳代以降どの年代でも起こる可能性があります

また男性更年期障害は、LOH(Late On-set Hypogonadism)症候群とも呼ばれます。

具体的な症状としては、下記のようなものがあります。

  • 身体症状…疲れやすい、筋肉痛、ほてり、発汗、肥満、頻尿、など
  • 精神症状…イライラ、不安、パニック症状、うつ、不眠、興味や意欲の減退または消失、集中力、記憶力の低下、など
  • 性機能症状…勃起不全(ED)、性欲低下

男性更年期症状に関する問診票

男性更年期障害は、動脈硬化などの心血管疾患やメタボリックシンドローム、糖尿病、骨粗しょう症、などと関係しているといわれており、生活習慣病との強い関連が指摘されています。そのため職場などのストレスチェックや、睡眠、運動、食事などの生活習慣の改善で症状が改善するとも言われています。
ただ、男性ホルモン値が明らかに低下している場合は、ホルモン補充療法の適応となります。

当院では、男性ホルモン以外の、人間を元気にするホルモンなどのチェックを含めて、この疾患への検査、治療に力を入れています。

心当たりのある方は、まずはお話から聞かせてください

勃起不全について

勃起不全(ED)は、一般的に思われているよりも身近な疾患です。

病態としては、「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされており、まったく勃起がない場合はもちろん、硬さが不十分な場合や勃起が持続できないなどもEDとなります。また自慰行為は可能でも、相手のある性行為になると難しくなる場合も含まれます。

比較的若い世代で起こるEDの原因は、ストレスなどの心理的なものが多く、50歳前後以降に起こるEDは、動脈硬化が原因であることが多いとされています(これらが混ざったものもあります)。

EDを一度自覚すると、次の機会にプレッシャーを感じてしまい負の連鎖に陥ることもあります。

まったく珍しくない病態ですので、一人で思い悩まず、お気軽にご相談ください

不妊治療に伴うED治療は、条件つきで保険適応になりますが、その他の場合は自費診療となりますことをご了承ください。

自費料金表

クリニック情報

診療時間
午前診AM9:00~12:00
PM13:00~16:00 予約制
夜診PM17:00~20:00
担当医
午前診 市岡 吉川 船田 吉川 市岡 京大医師
(市岡)
午後診 船田
市岡
吉川 船田 吉川 船田
(市岡)
京大医師
(市岡)
夜診 船田
市岡
吉川 京大医師 京大医師 船田
(市岡)
京大医師
  • 金・土曜日の(市岡)は不在の場合があります。
  • 休診日:日・祝
  • 午前診9:00~12:00、夜診17:00~20:00の時間帯でもご予約を受け付けています。
  • 急を要する症状の方を優先的に診察いたしますので、ご予約の時間通りにお呼びできない場合がありますことをご了承ください。
  • 月~土曜日の午後診13:00~16:00は完全予約制です。
【お問合せ・ご予約】
Tel:075-231-7227

京都市中京区東洞院通り二条下る シンフォニア御池1F
京都市営地下鉄 烏丸御池駅 北出口改札より1番出口を出て2筋目を左折 徒歩2分

ページの先頭に戻る